ごぼう茶 副作用|牛蒡(ゴボウ)茶 効能・効果

ごぼう茶 副作用|牛蒡(ゴボウ)茶 効能・効果

ごぼう茶 副作用|牛蒡(ゴボウ)茶 効能・効果

トップページ゙では、「サポニン」の効能・効果について解説をしました。

ゴボウは、細菌から身を守るために「サポニン」を持っているのですが、「サポニン」は人体にも害を及ぼす危険性があるんです。

「サポニン」の界面活性作用は、人体にも影響し、赤血球を破壊してしまう恐れがあります。

このことを溶血作用と言います。

「サポニン」は、血中のコレステロールを減少させて高脂血症から身を守る、動脈硬化の予防効果が期待できると、トップページでは解説しましたが、減少させるコレステロールは、LDL(悪玉コレステロール)だけを分解させるわけではありません。

HDL(善玉コレステロール)も減少してしまう可能性もあります。

人間に都合が良いいように、LDLだけを減少してくれるわけではないんです。

ゴボウに含まれる「サポニン」は、本来は外敵から身を守るために備わっている物質ですが、このように人体に対しても副作用もあるんです。

そのことを意識して、ごぼう茶を自作していれば良いのですが、そのような知識も無いままにごぼう茶を自作して飲み続けることは、非常に危険な事態を生じかねません。

本来、安全に食したいのであれば、皮を剥いたり、アク抜きをそれば良いのかもしれません。

しかし、そんなことをしてしまうと、全く効果が発揮されないようなごぼう茶を飲み続けてしまう可能性だって出て来てしまいます。

そのようなことにならない為にも、ごぼう茶のプロ中のプロである、南雲先生監修の「あじかん焙煎ごぼう茶」の方が、確かであることは間違いありません。


南雲先生推奨|あじかん焙煎ごぼう茶

私たちは、普段からお茶は飲みなれているので、その効果はあまりわからないと思います。
しかし、確かなのはごぼう茶を飲むことにより、明らかにごぼう茶の成分は体内に吸収されているということです。

ごぼう茶の効能・効果

ごぼう茶の効能に関しては、ごぼう茶博士のなぐちゃんから、直接教えてもらうことができますよ!!