南雲のごぼう茶

ごぼう茶を始めたきっかけ

行く末の運命は寝たきりになることが確定的だった

寝たきり

私は以前、インフルエンザで病院に行った時、病院の先生から「いつ死んでもおかしくない」と言われたことがあります。

血圧を測った時に、上の血圧が210あったので、その時言われました。

すぐに血圧の薬を処方してくれる病院が紹介され、その時から血圧の薬を飲んでいます。

しかし、先生から言われた「いつ死んでもおかしくない」と言われた言葉が耳から離れず、居ても立っても居られない状況が続きました。

それで、ネットで血圧のことを調べまくり、「血圧が高いと血管にダメージを与え続けるから良くない」ということがわかりました。

痛んだ血管は、やがてボロボロに崩れてしまい、そこから血液が体内にあふれ出てしまうんです。

あふれ出た場所が脳だったら、脳卒中に、心臓だったら心筋梗塞になってしまいます。

それで、益々慌てて、「劣化した血管を修復する方法は無いものか?」と、さらにネットサーフィンは加速しました。

しかし、その時私が見つけた情報は、「1度悪くなった血管は、2度と元には戻らない」という情報でした。

私の家系は、脳卒中で半身不随となった寝たきりの年寄りがたくさんいる家系だったので、自分の行く末の運命は、既に決まっていることを確信しました。


寝たきりの運命だった私に差した1筋の光明がごぼう茶でした

1筋の光明

ある時、私はテレビで南雲先生が出演する番組を観ました。

確か、「ぴったんこカンカン」だったと思うのですが、南雲先生はその時に「アディポネクチンというホルモンが寝ている間に血管を修復してくれる」と発言していました。

私は、その言葉に物凄く敏感に反応し、「エッ!今何て言った!?」と、そこから今度は南雲先生について、ネットで調べまくりました。

そして、たどり着いたのが、ごぼう茶でした。


南雲先生がごぼう茶を提唱する理由

南雲先生がごぼう茶を提唱する理由

南雲先生は、生命力遺伝子について、次のように述べています。

  • 人間は、飢えや寒さなどの極限時に生命力遺伝子が活性化する。
  • その生命力遺伝子を利用して、各機能を若返らせることができる。

人間は、食べ過ぎるとメタボや病気を招く。

不摂生をすると、気管や消化管、血管などの管を傷つけて炎症が起こる。

不摂生を辞めずに炎症を繰り返していると、その部分が潰瘍(かいよう)へと悪化していく。

ところが、人間には正常な部分の細胞が分裂して、炎症や潰瘍を修復する能力がある。


空腹のときには、長い間獲得してきた延命遺伝子が働いて、傷ついた体を修復する能力が高まる。

その結果、修復された部分は、若返り、もとの機能を充分に発揮できるものへと生まれ変わる

このようなことが、南雲先生式ごぼう茶の飲み方を実現することによって、可能となるんですよ!!


南雲式ごぼう茶の飲み方

その方法は、以下の通りです。

  • 朝食:ごぼう茶だけを、1日4〜5回飲む。
  • 昼食:ごぼう茶だけを、1日4〜5回飲む。
  • 夕食:お腹が一杯になるまで野菜をたっぷり食べる。
  • 夜更かしをせず、早く寝る。

以上です。

その他にも、

  • 間食をしない。
  • コーヒーを飲まない。
  • 煙草を吸わない。
  • 車の運転をせず、よく歩く。

というものがありますが、できるものからやっていけばいいと思います。

どうですか?

南雲先生式ごぼう茶の飲み方が真似できれば、誰もが「痩せて若返りが本当にできるのではないか?」と、思ったのではないですか?

恐らく、大半の方は、そのように思えるのではないでしょうか?

しかし、南雲先生のようなごぼう茶の飲み方は、「真似できるわけがない!?」とも思った人もたくさんいると思います。

いきなり、このような飲み方をしろと言われても、拒否反応を示すのも無理のない話です。

できるものから、徐々に徐々に真似をしていけば、良いと思います。

徐々に徐々に真似をしていくことで、いつの間にかできているというのが成功の秘訣です。

何事もそうですが、無理難題に直面した時、全体を見ると拒否反応が起きてしまうので、部分部分を見て、達成してきたという体験をしてきた方もいらっしゃるのではないでしょうか!?

成功の秘訣は、いつの間にかできていたということが理想なんですよね!?

ごぼう茶の飲み方も、そのように挑戦していけば、いつの間にか南雲先生式ごぼう茶の飲み方ができていた、などという日が訪れると思います。

そうなると、いつの間にかごぼう茶の効能・効果の恩恵にも預かっていた、などという日も来るはずです。

すべては、どこまで本気なのかということが問われてくるのだと思います。


ごぼう茶をダイエット・若返り・足のむくみに応用してもらいたい

南雲先生監修 あじかん ごぼう茶

南雲先生は、自らがが監修している「あじかん焙煎ごぼう茶」をダイエット若返り足のむくみに応用してもらいたいと言っています。

全部私が改善したいと思っているものばかりでした。

以下の動画では、南雲先生が「ダイエット・若返り・足のむくみ」について発言している内容を、確認することができます。



Drナグモ監修「焙煎ごぼう茶」


動画の内容を要約すると、南雲先生は以下のことを述べています。

普段、癌(がん)治療で患者さんに辛い治療を強いている南雲先生は、如何に患者さんの副作用を軽減できるか、がんの再発を減らすかを考えあぐねていたそうです。

そんな時に、ごぼう茶を見つけたそうです。

ごぼう茶を飲むことにより、

  • ごぼう茶で20kg体重が減った
  • 肌が若返った
  • 身体の冷えやむくみが治った

そうです。


南雲先生のごぼう茶に関する著書

「ゴボウ茶を飲むと20歳若返る」(Dr.ナグモの奇跡の若返り術)
「年を取るほど若返る!驚異のゴボウ茶パワー」
ソフトバンククリエイティブ刊


ごぼうとは?

ごぼうとは?

ごぼうは土の中という過酷な場所で育っている。

そこには、細菌やカビ、さまざまな微生物がいる。

それらから自分の身体を守るために、非常に強い防菌防虫効果がある。

傷ついた場合、すぐに皮が張ってくる創傷治癒効果。

泥の中では酸化されて腐ってしまいやすい。それから身を守るための抗酸化作用。

これらはすべて病気を治してくれるだけではなく、身体を若々しく、健康に蘇らせるためのパワーがある。


ごぼうに含まれるサポニン

ごぼうには、サポニンというポリフェノールが入っている。

身体の中の脂と結びついていらない脂を分解、排せつしてくれる。ダイエット効果がある。

血中のコレステロールを減少させて高脂血症から身を守ってくれる。動脈硬化の予防になる。

朝鮮人参のジンセノイドと同じ効果がある。

  • 滋養強壮作用
  • 身体を内面から元気にしてくれる
  • 温めてくれる
  • 傷をきれいに直してくれる
  • 免疫パワーをアップしてくれる

病気からの回復・若返り・ダイエットにごぼう茶を応用してもらいたいと言っています。


ごぼうに含まれるイヌリン
  • 水分を蓄えるために存在している吸水性ポリマー
  • 無駄な水分を吸い取ってくれる
  • 利尿作用
  • 顔のむくみ
  • 足のむくみを取ってくれる

サポニンと同時に摂取することで、冷えも解消する。


以前は巨デブで足のむくみがハンパでなかった

太っている人

私は、高血圧で上の血圧が210あった当時は、体重も118kgの巨デブでした。

かみさんも82kgあったので、ある日2人で公園をダイエットのために散歩していると、どこかの子供が「2人ともデブだ!」と大声を出していました。

私は、そんなことを言われても、「本当のことだからしょうがない」程度にしか思いませんでしたが、カミさんはいつまで経っても「プンプン」と怒りが治まらないようでした。

私が118kgあった当時は、足のふくらはぎはパンパンにむくんでいて、「弁慶の泣き所」の部分は押してもしばらくの間は肉がへこんだ状態になっていました。

ダイエットのために3km程離れていたスーパーまで、歩いて買い物に行くのが日課でした。

夏場は、スーパーに着いてからガンガンに冷房が効いたフロアーに入ると、太ももから肉離れのような激痛が走っていました。

「弁慶の泣き所」には、毛細血管状に広範囲に内出血や水ぶくれができていました。

当時は、何か悪い病気ではないかと思いましたが、90kgになった今はすっかりと足のむくみも無くなり、肉離れのような激痛も無くなりました。

90kgの体重になって変わったことは、エスカレータに乗った時、右側を人が歩いて抜かしていくようになりました。

私が乗った右側は、追い抜くスペースも無かったということなのでしょうか!?

それと、誰かが言っている太っている人の悪口を耳にするようになりました。

私たちも、以前はきっとそのような悪口を言われていたのだと思います。

なぜ、私たちが現在痩せているのかというと、それは恐らくごぼう茶の影響だと思います。


今からそのことをお話したいと思います。

ちなみに、今のかみさんの体重は、55kgです。

かみさんは、太っていた頃はいくら体重を聞いても一切答えませんでした。

それが、55kgまで痩せたら、昔の体重を平気で話すようになりました。

まだ、私たちは標準体重まではいっていませんが、代謝が良くなった今ではコンスタントに毎週1kgずつダイエットができています。

BMIで計算をすると、私の標準体重は71.3kgです。

それまでは、今の方法を続けていこうと思っています。


ごぼう茶でダイエット

ごぼう茶でダイエットしたいと言っても、飲むだけでは痩せる事ができないと思います。

なぜなら、いくらごぼう茶を飲んでも、消費するカロリーよりもたくさんのカロリーを取れば、絶対に痩せるわけがないからです。

だから、もしごぼう茶で本気でダイエットをしようと考えているのなら、まずカロリーのことを考える必要があると思います。


カロリー

恐らく多くの人は、1日の摂取カロリーを2,000kcal以内に抑えることを意識すれば、いいのではないかと思います。

1日の消費カロリーよりも少ない食事のカロリーに抑えるということです。

消費カロリー < 摂取カロリーとなるから、余分な栄養素がドンドン体内に蓄積されていってしまうんです。


消費カロリー

消費カロリーというのは、基礎代謝で消費するカロリー + 運動により消費するカロリーです。


基礎代謝

基礎代謝とは、何もせずに生命活動を維持するために自動的に行われている活動のことを言います。

心臓を動かしたり、息をしたりすることがそれにあたります。


運動により消費するカロリー

運動により消費するカロリーは、文字通り走ったり歩いたりすることで消費されるエネルギーのことです。

私の場合、基礎代謝と運動による消費カロリーで、1日に2,200kcal消費しているそうです。

以前、病院で測った時のデータです。

だから、1日の食事を最初は1,800kcal位に抑えていました。

恐らく、ダイエットを考えている人は、当然太っている人だと思います。

3食の食事は、ガッツリ摂って、その他にポテトチップスやお菓子等を軽々食べてしまっていたのではないですか?

もし、食べていたのなら、4,000〜5,000kcalくらいは毎日平気で、食べていたのではないかと思います。

もしそうだとすると、毎日コンスタントに3,000kcal分のエネルギーが中性脂肪として皮下に蓄積しているのではないでしょうか?

ほとんど運動もせず、食っちゃ寝〜、食っちゃ寝〜の生活を続けているのではないですか?

最初は、2,000kcalに抑えると言っても、お腹が空いてしまうと思います。

そんな時は、ごぼう茶を飲んで、我慢をするんです。

我慢をするというと、拒否反応が働く人がいるかもしれませんが、もともとの適正な食事に戻すということなんですよ。

今が食べ過ぎなので、元の食事に戻さなければ、本来の生き方をしていないということなんです。


ダイエットをしている意識を持たない

ダイエットをしている最中は、ダイエットをしている意識は持たないことです。

ダイエットをしている意識が働いてしまうと、体重計にばかり乗ってしまい、全然変わらない体重にやる気が失せてしまうからです。

運動をしていない方は、基礎代謝が上がらないため、中々体重が減り始めないんです。

だから、体重計に乗ったところで、決して体重は減ってはこないんです。


脂肪分って思っているよりも少量で太る

脂肪分って、ほんのちょっとの量でも、物凄く太るイメージがあります。

ごぼう茶を飲むと、全く飲まない時よりも多少はサポニン効果で余分な脂肪分を体外に排出してくれる効果が期待できると南雲先生は言っています。

私もその効果はあると感じています。


体重が減り始めると張り合いが芽生える

基礎代謝が上がってくることにより、体重が減り始めてくると、ダイエットに張り合いが出てきます。

ダイエットに張り合いが出てくると、もっと栄養バランスの良い食事を摂って基礎代謝を上げたいと思って見たり、運動量を増やして消費カロリーを増やしたいと思ってくるものです。

そうなってくれば、もうこっちのものです。

1日の食事を2,000kcalに抑えるということは、無理のないダイエットレベルです。

だから、徐々に徐々に痩せてくるので、リバウンドせずに続けることができるのだと思います。


現在はダブダブの着ぐるみを着ている状態に

ダブダブ状態

私は、ダイエットを意識していただけでしたが、気が付けば足のむくみがすっかり無くなっていました。

ただ、現在は、着ぐるみを脱いだ状態というか、着ぐるみがダブダブ、ブカブカになった状態なので、若返ったかというと、ちょっとシワシワのような状態です。

如何に身体の外を覆いつくしている皮が、脂肪の貯蔵庫かということが、物凄くよくわかりますよ!!

皮下脂肪とはよく言ったもので、意識しないうちはその字の意味もあまり考えず、スルーしていましたから。

しかし、肌自体は若返っており、シワシワながらもハリが前よりも良くなってツルツル状態です。

そういえば、顔が物凄く小さくなってきたので、顔を洗う時、すっぽりと手の中にスッポリと収まるような感覚になりました。

前よりも3分の2くらいの大きさに感じます。

顔の皮も脂肪の貯蔵庫だったということです。


南雲先生の飲み方とは程遠いけど結果に十分満足

私たちが実際に摂取しているごぼう茶は、ウォーキングの際にそれぞれが500mlのサーモスの水筒に作ったものを飲んでいるだけです。

食事は3度3度きちんと摂っていますが、野菜、きのこ、こんにゃく、海藻が中心で少量の肉か魚を取るようにしています。

3食で2000kcal以内には収めています。

ウォーキングは、毎日欠かさず、最低3kmは歩くようにしています。

多い時で10kmくらい歩く時もあります。

南雲先生の食事と比べると、かなり程遠いと思いますが、ダイエット・足のむくみに関しては十分に満足しています。

血管の修復と若返りに関しては、実際にはどうなっているのかを確認することができないのですが、以前に比べると全く心配はなくなりました。

恐らく、血管も修復されているであろう!?ということで、むしろ安心にさえ思えるようになりました。

若返りについては、ダイエットの影響でダブダブになっているので、むしろ見た目は老けて見えるかもしれませんが、内面的には物凄く若返った意識でいます。

南雲先生に親近感を抱くようになった

南雲先生って、テレビで観ていても、ちょっと偏屈でとっつきにくいイメージがありますよね!?

私は個人的には、まず近寄らないタイプです。

それでも、私がダイエットに成功し、むくみが取れて、ダブダブになってこれたのは南雲先生のお陰だと思うと、急に親近感が湧いてくるものです。

以前、私たちはJRの大崎駅にダイエットのためのウォーキングをしに行った時がありました。

ウォーキングに飽きないように、コースを色々と変えているためです。

それで、駅前のビルを歩いたことがあるのですが、偶然に南雲先生の病院を見つけた時は、何だかとても親近感が湧きました。

ダイエットがうまくいって、痩せた身体で南雲先生の病院の近くを歩いているなんて、「まるで何かの力で引き寄せられたのではないか!?」と思えたからなんです。

そこまで大袈裟なことではないかもしれませんが、こうして今の自分があるのも私は南雲先生が監修した「あじかんごぼう茶」のおかげだと思っています。

南雲先生は、食材の皮を剥かずに丸ごと食べる事でも有名です。

ポリフェノールは、食材の皮に含まれている成分です。

あじかんのごぼう茶は、皮をむかずに作られているところが、南雲先生のこだわりなんです!


でも、今では同じような製法で作られているごぼう茶も増えてきました。

やっぱり、良いものは良いので、良いところはドンドン真似をするのは当たり前だと思います。

ちなみに、田中みな実は、南雲先生のことが大好きなようですよ!!

他のごぼう茶

ごぼう茶 概要 tel 公式サイト
女神のごぼう茶 美容皮膚科のカリスマドクター森先生推奨 公式サイト
粉末ごぼう茶 恵巡美茶 栄養分と食物繊維たっぷり 0800-100-0831 公式サイト
伝統爽快なた豆茶 香ばしくて美味しい!健康スッキリに! 0120-38-3286 公式サイト
ごぼうのうまみ 国産【博多新ごぼう】イヌリンパワー 0120-02-02-52 公式サイト
黒豆ごぼう茶 enherb 公式サイト
国産ごぼう茶 OCT 公式サイト
page top